孤独の箱

アクセスカウンタ

zoom RSS 酷薄な言葉

<<   作成日時 : 2012/03/10 01:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

海が襲いかかる映像の凄まじさ
あの日に日本中が凍りついた
濁流の中で飲み込まれる家や車
泣き叫び逃げ惑う人々
おもちゃのように壊滅していく街並み

海が根こそぎ攫ってしまった大地を
夕陽が染めていくのを見送って
凍えた人々は立ち竦んでいた
恐怖の抜けた心を
空っぽのままにして

灰色に汚れた大地の上では
アナウンサーが
瓦礫 瓦礫と連呼する

瓦礫なんかじゃない
ちょっと前までは家であり家具であり
暖かい生活であった物達だ
笑顔と思い出が詰まった
まだ家族の温度の残る物だ

瓦礫と聞く度に
心が引き裂かれるに違いない
止まらぬ血が流れ
涙は凍るに違いない
瓦礫なんて言わないでくれ


なのに瓦礫に代わる言葉が見つからない
なんて酷薄な言葉


今まだ残る瓦礫の山は
一年を経てもなお
記憶の残酷な檻となり
あの日へと心を縛り付ける
冷たくなった思い出の残骸が
恐怖の刃を積み上げている


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
酷薄な言葉 孤独の箱/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる