孤独の箱

アクセスカウンタ

zoom RSS 荒野に立つ自由

<<   作成日時 : 2012/07/24 11:14   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 4

四十にして惑わずというけれど
夫婦の道が見えなくなって迷ってばかりいた
いつまでも夫の下にいる妻に疲れて
いつまでも男に気を使う女に飽きていた

家庭に差し障りがなければ働いてもいいと
偉そうに言う男が当たり前だった新婚時代
パートで働く事を許して貰ったけど
誰が食わせてやってるんだと
口に出さない思いは透けて見えた

家事も育児も手伝わないくせに
誰が働かせてやってると思ってるんだという
私の思いも透けて見えただろう

人生の先輩は
男をおだてて手のひらの上で転がすのが賢い女だという
私もそれを目指したが15年で飽き飽きした

オダテテ
ナダメテ
スカシテ
面倒臭いんだよ
お前は子供かバカヤロー
男だって父親ならちゃんと大人になれよ
何年父親やってるんだ

決して口にはしなかったけど
怒りは透けてみえるのだ

心の中で妻と女を捨てたと思う
一人で立つ勇気はなかったから
親という共通項目に頼って暮らしてきた
バブルが弾けた時代を生き残る為に
子供を守る戦友にはなれると思ったから
父親と母親
二人が対等になれる道を探したつもりだった
それでもわかって貰う努力はしたけど
投げても投げても帰ってこないから
ボールを投げるのも諦めた

フルタイムで働いて古雑巾みたいに疲れ果て
台所に立ちながら涙を堪えた
いずれは子供の就職で嬉し涙に変わって
お互い辛かったけど頑張ったよねと
戦友として乾杯できる事を希望としてた

オダテテ
ナダメテ
スカシテ
されなくなった子供達の父親は
自力じゃ父親にもなれないらしくて
虚構の父親像を書いたダンボールに包まって
傷ついた子供のままうずくまっていた
父親に羽化する事を心から願ったけど
長い時間をかけて
大嘘付きのダメ男に退化してたみたい
ボールを投げる事すらしなかった

五十にして天命を知るというから
私の運命だったのだろう
息子達が無事に巣立った事を幸いと
五十で妻を卒業した
子供にすがることはすまい
一人で老いる不安と虚しさには
堅く蓋をして鍵をかけた
いずれボケても飛び出さないように

手に入れた自由と共に
私は一人荒野に立っている

未熟な男を育てる事も
利用する事も背負う事も諦めて
情という強い風にも逆らって
安定した老後への期待や都合の良い楽観
たらたらの未練を踏みつけて
辛うじて歩んでたどり着いた荒野だ

何の能力も才能も資格もなく
ただ覚悟だけを腹に飲んで空を睨みつける

繰り返す輪廻の記憶の底で
私はいつも荒野に立っていた気がする
自由は孤独であることを熟知しても
私の背負った業とやらが
殺伐とした荒野へと歩ませるのかもしれない
それ程に魂が自由を渇望しているのだろう

そうして風荒ぶる野に
ただ一人で立っている

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
おお…。
…うん。
過ぎたことだけど、
感慨深い。
野良輔
2012/07/24 21:02
ノラッチ
コメントありがと♪

・・・うん。
ひとまず一区切り。

私はまだ荒野に立ってるけど、ノラッチは草原を歩んでるでしょ〜が。^^
荒野に戻ってくるんじゃないよ!!!(一応エール♪)
百葉箱
2012/07/24 22:04
母にも言われた。
男なんて、おだててなだめてすかして・・・。
じょーだんじゃない!
私は妻も女もとうに放棄して、ただの飼育係という生き方に徹している(笑)。
・・・なんか、結婚している意味がよくわからない今日この頃。
でもこの体で自活は不可能で・・・飼育係&ごくつぶし、というヒジョーに肩身の狭い境遇を恨めしく情けなく思う。
とんがりねずみ
2012/07/30 11:30
とんがりねずみ様
コメントをありがとうございます。

>肩身の狭い境遇を恨めしく情けなく思う
実はとんがりさんの体調の悪さの原因は、コレではないかと思ってたりして。

「情けない」って思ったら、危険よ。
表面だけとか、演技だったらいいけど、本気で思っちゃ絶対ダメだからね。
生きる力が弱くなるから。

それに「オダテテ ナダメテ スカシテ」は、自分に自信がなくなると更に辛くなるのよ。

心から「引け目」を追い出して、とんがりさん本来の「攻め」でブイブイ(古い?)言わせて欲しいわ(笑)
大丈夫。とんがりさんは愛されていると思うよ。
百葉箱
2012/07/31 03:07

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
荒野に立つ自由 孤独の箱/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる