孤独の箱

アクセスカウンタ

zoom RSS 完熟した夏

<<   作成日時 : 2012/08/19 18:53   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

蒸した風の中に腐臭を僅かに含ませながら
夏がいよいよ熟されてきた

7月ではまだまだ青い
気温が上がっても暑さが尖っている

数ヶ月も前から準備され
太陽の角度も万全
日照時間も抜かりなく
ジリジリと炙られ
時折厚い雲で包んでは
雷を打ち
豪雨で冷やし
蝉時雨の中を揺蕩って
荒い角を磨きながら
今年の夏もとうとう熟してきた

風鈴に泣かれても
蚊取り線香に燻されても
花火で爆破されても
圧倒的なずうずうしさで纏わり付く

丸く柔らかくなった夏を受け止め
抱えきれず押しつぶされる

電気の垂れ流しで得る快適を手放せば
開け放した窓から響く煩い蝉の声も
滝を落ちる水音程も深みがある
なす術もなく扇風機の前で膝をかかえ
ガマが油を出す様にじっとりと汗をかけば
まるで滝行か

熟れきった夏の中に
ずぶずぶと沈んで一体となる
毛穴から出るのは体液か夏の果汁か
漂えばそれも快楽
今にも落ちそうな完熟の夏だ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
「風鈴が泣く」・・・なんて素敵なフレーズ♪
「花火で爆破されても」・・・うっ・・・なんで知ってる!?と思ってしまいましたw
実は過去に、打ち上げ型花火を打ち上げ損ねて、民家の庭にぶち込んでしまったことが。3発もww
民家からは火の手は上がらなかったものの、大きな音と悲鳴のような声が・・・ご、ごめんなさい!
それは我ら花の女子大生3人がやったことでございました。

ガマでもないのに、無駄に脂を浮き立たせ、暑苦しくむさ苦しく生息するものが我が家に1匹w
とんがりねずみ
2012/08/31 10:55
とんがりねずみ様

そ、それは火事にならなくてラッキーでした。
実際花火って結構危ないですよね。
私が子供の頃、近所で納屋の燃える火事がありましたが、やっぱり花火が出荷原因だったようで。
ロケット花火が結構くせもの。


>むさ苦しく生息するものが我が家に1匹w
それは・・・もちろんくりちゃんじゃ無いよね・・・
うふふ。
でかい一匹だな。^^
百葉箱
2012/09/02 03:34

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
完熟した夏 孤独の箱/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる