孤独の箱

アクセスカウンタ

zoom RSS 口笛を吹いて冬を呼べ

<<   作成日時 : 2012/11/27 21:15   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 3

水色の空に張り付いた
薄氷の下弦の月の下
紅葉の古木が燦然と燃えて
威風堂々の千秋楽だ

 今年はまだ百舌の口笛を聞いていないが
 お前は何処で贄を奉げているのだ
 早く私の為に冬を呼んでおくれ

 
空の色が薄くなったのは
空気の密度が薄まったに違いない
賑々しく動く粒子は夏の後を追いかけて行った
残っているのは大人だけの空
大人はいつでも少し厳しい

見えない凍えが闇から滲みてくる
生ける者すべてを眠らせようと
朝陽にも夕陽にも潜む吐息は冬の先立ち
とてつもない厳しさの奥には真の優しさ


思わずバカヤローと叫ぶ程に寒くなったら
心を晒して皺寄った気持ちをピンと張ろう
くたびれて性がなくなった雑巾みたいでも
洗い張りをしたら少しはましになるかもしれない


古木に負けず見得を切る

百舌よ
私にも口笛を吹いてくれ
私の為に冬を呼べ











テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
桃舌って鳥の声、聴いたことないです。
あとで探してみよう。
桃舌さんの代わりに私が手をつないであげましょうか?秋でも冷凍庫に手だけ入れられたような気分になると、もっぱらの評判です(笑)
でも手袋しないんですよね〜。ははは。

そんなこんなで・・・私も洗い張りして、しゃっきりさせてほしいです(-_-;)
板に貼られた自分の姿を想像すると、笑えてきますw
とんがりねずみ
2012/12/06 10:20
すいません、ふたたび。
桃舌じゃわかんなくて、よく見たら百舌=モズでしたのね・・・おはずかしや(汗)
私も焼きが回ったようで・・・串刺しにしてもらいたいw
とんがりねずみ
2012/12/06 10:26
とんがりねずみさん

うふふ。間違いなんて私の方がテンコ盛り。^^

とんがりさんのコメントから、改めて私も聴いてみたら、百舌の口笛って、私も勘違いしてたかも?
これも詩を書いたあとだと、エライ恥ずかしいかもよ〜?
あはは。

一緒に板に貼られましょうか?(笑)
「洗い張られ」ですな。
百葉箱
2012/12/06 23:54

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
口笛を吹いて冬を呼べ 孤独の箱/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる