孤独の箱

アクセスカウンタ

zoom RSS 生きる 2

<<   作成日時 : 2014/06/13 18:06   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

私は細胞の一個だから

生きる意味なんて考えない

人類という大きなモノの

ただ一個の細胞の一瞬の命に

何の意味なんぞあろうか



一瞬といえど

偶然に貰った人生って奴の

細胞にとっては長いような短いような

ほんの50年たかが100年



腹いっぱい喰っては笑い

たまにためいき時々涙

時は年々加速度を増し

あっという間に老化して

下の世話だけはかけたくないと

プライドを持てば身体に裏切られ

呆けたくないと思えば頭に裏切られ

尊厳にこだわっても情に裏切られる



価値を求めれば思い上がる

人と比べず勘違いせず

老いも痴呆も受け入れて

タナボタの生を安穏と生きる

それが私の課題である












テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
細胞にとっては50年が限界だそうですよ。
昔は人生50年で上手くいってたけど、医療のおかげで延々と働かされる細胞が値を上げるので、癌ができたりボケたり。
人生50年なら、みんなもっと大事に己の人生を生きられるのかも。
とんがりねずみ
2014/07/03 11:39
とんがりねずみさん

人生50年だったら、やっぱり人生100年になるように、人類は努力しちゃうのだと思います。
50年の人生で「満足」するようにはできていない。
ん?
元々「満足」という感覚って、進化には必要ないのかもね。
そうすると・・・人生には満足が存在しない事になる。
あはは。
どんな禅問答だ^^;
人生なんて、大事に生きられるものじゃないのよ、きっと。
楽しかったか、楽しくなかったかで判断すればいいんじゃない?^^
百様箱
2014/07/07 12:31

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
生きる 2 孤独の箱/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる